うつと間違えられやすい男性更年期障害

うつと間違えられやすい男性更年期障害

更年期障害といえば女性のものというイメージが未だに強いようですが、加齢によるホルモンバランスの乱れが原因で起こる不調は男性にもあります。
特に近年、中高年男性が訴える不調の中に男性ホルモンの分泌量の低下が影響している例が多く、男性更年期障害も認知度が上がって来ました。
加齢によって肉体の機能が低下するのは当然のことであり、誰でも避けられないことです。
自己判断などでうつ病に罹患していると勘違いし、間違ったアプローチをしている人はなかなか症状が改善せず苦しむかもしれません。
日本国内で潜在的な患者数は約600万人もいると考えられていますが、テストステロンの分泌量低下で起こる不調はLOH症候群と言われます。
確認されたのが2010年になってからなので致し方ないですが、男性にも更年期障害があることをきちんと認識し、正しい対処をする必要があります。
症状はうつ病に似ていて、検査を行わず誤認されるケースもあるので注意が必要です。
気分障害や多汗症、集中力の低下が見られる場合はしかるべき検査を受けて、生活習慣の見直しやホルモン補充療法などを受けると良いでしょう。

http://www.sakura-kuwana.com/
症状にお悩みの方は是非ご相談下さい。

宝町の地域密着型歯科医院

最新投稿

  • お酒の後の締めのラーメンからわかる体の状態

    体が正常に機能するのは、必要なところに必要な栄養分が行きわたっているからです。
    食事から摂取し …

    続きを読む...

  • 医療機関の見学は医大生に欠かすことができません

    徹夜して試験対策することが非常に多い医学部で勉強している医大生の方は、目の前の試験の対策に追われて将 …

    続きを読む...

  • タバコが薬として使われる可能性

    タバコといえば、体に悪いし好品として世界中で認識されています。
    タバコの葉を燃焼させ、その煙を …

    続きを読む...